幹細胞の冷凍保存方法について

病気や怪我をしたとき、自分の体を部品のようにとりかえれたらなぁと思うことはあまりないかもしれませんが、可能であれば、そういった治療方法も便利だと思います。
よびの肺とか肝臓とかあれば、癌にかかったときでも、取り替えればいいわけですからね。
最近の幹細胞の研究分野では、おそらく、そういった医療方法を模索しているのだろうと思います。

おおまかに見れば、人間はみな同じようなもんだと思うんですが、移植手術をしたとしても、拒否反応がでるケースも多いらしく、自分の細胞から臓器を再生することができれば、そういった再生医療も可能になるようなんです。

ドナー制度に頼るようなこともしないですみますし、さまざまな面でプラスの方向にはたらくと思うのですが、実用化までには、まだ、多少の時間がかかるようです。ただ、私が年寄りになるまでには実現化されているのだろうと思うんで、今からできることでも探しておこうかなと思います。若いうちの細胞なんかを凍らせておくといいんでしょうか、幹細胞保存センターなんかがあればいいと思うんですが、探せばあるのかもしれません。
« 古いドメインを再取得してのSEO対策 | クレーム ドゥ ラメールを試してみました »