プレゼント用のジュエリーブランドはどこがよいのか?

女性へのプレゼント用にジュエリーを購入することになったのですが、宝石のブラント選びで迷いが生じてしまいました。

バックやアクセサリー、時計、あるいはコスメといったプレゼントなら定番といわれるブランドが多数ありますが、ダイヤモンドやパールといった宝石をプレゼントする際、どこで何を買えばよいのか男性側には皆目見当がつきません。

その女性にはこれまでネックレスや指輪などのアクセサリーを何度かプレゼントしたことはあります。その延長線上でのプレゼントだったので、婚約指輪や結婚指輪ではないのですが、日常的に気軽に身に着けられるファッション性の高いジュエリーのブランドは何がよいのでしょうか?

そこで、ヤフー知恵袋にていろいろリサーチしてみたところ、以下のブランドの人気が高いようです。

  • ティファニー
  • 4℃
  • スタージュエリー
  • ヴァンドーム青山
  • アーカー
  • アガット

概ね、10万円前後でも購入できますし、なかには5万円程度でも購入できますので、宝石としての資産価値を期待するようなものではないと思います。大粒のダイヤでやっと多少の資産価値が出てくるぐらいなので、宝石の価値は期待できないと思います。

逆に、大きなジュエリーの場合、日常的にアクセサリーとして身に着けるわけにはいかないため、プレゼントとしてはファッション性や流行性がメインのさりげないジュエリーの方が喜ばれると思います。

  • 宝石の資産価値 → あってないようなもの
  • ブランドネーム → 多少はある
  • デザインやファッション性 → メイン
  • 婚約指輪的な意味合い → ブライダル用のラインナップあり

どの部分でお金をかけるのかで違ってきますが、プレゼント用として贈るなら、日常的に使えるデザイン性やファッション性の方が重要な要素となるかもしれません。

この点、ブランドネームでいえば、やはりティファニーではないかと思います。ただし、ティファニーのシルバーには2万円前後のアイテムも多く、ジュエリーというよりもアクセサリー的な側面もあります。

4℃はブライダル的なジュエリーも充実しており、シンプルなものが多いです。アーカーやアガットはかわいらしいタイプのものが多く、ヴァンドーム青山は上質ながら日常的にも使えるアイテムが多いです。

正直、男性としてはあまり違いが分からないのですが、今回はヴァンドーム青山のダイヤのネックレスを購入することにしたのですが、喜んでくれたようでよかったです。

そのほか、婚約指輪となるとカルティエやブルガリ、ハリー・ウィンストンといった高級ブランドもあるようですが、今回はプレゼントなのでチェックはしてません。婚約指輪を検討する際には、そういったブランドもチェックしてみるとよいかもしれません。

« エンゲージリングとマリッジリングの違い | 女性への指輪のプレゼントは難易度が高い »