ワインの格付け「第何級」とセカンドワインの違い

先日、クリスマスプレゼントを何にするかで迷っていたのですが、当ブログで購入したシャトーカロンセギュールのことを思い出し、そちらのビンテージ物をプレゼントすることにしました。

ただ、こちらのメドック格付けは「第3級」となっているようです。

「第3級」ということはセカンドワインではなく、サードワインになるのかな?ちょっと失礼かな?と思ったのですが、「第何級」と「セカンド、サード」とはまったくの別物のようです。「第3級のセカンドワイン」などもあるようで、メインの格付けは「第何級」の部分が重要なポイントになるかと思います。

例えば、「第1級」の有名どころには以下のようなワインがあります。

  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • シャト・ラトゥール

ぼくが知ってるのは「シャトーマルゴー」に「ラフィット」、「ラトゥール」ぐらいですが、ほかにも「シャトー・オー・ブリオン」や「シャトー・ムートン・ロートシルト」なども有名かと思います。

こちらの第1級については、概ね5万円~数十万円程度が相場かと思います。

「第2級」や「第3級」については種類が結構多いので、ここでは省略しますが、上記のシャトーカロンセギュールは第3級の格付けになるようです。

このシャトー・カロン・セギュールのセカンドには、「マルキ・ド・カロン」と「シャペル・ド・カロン」がありますが、そちらの等級は不明です。シャトーカロンセギュールは第3級なので、第3級のセカンドワインの位置づけになります。

当サイト上でも、第1級のセカンドワインにあたる「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」などは購入したことがあるのですが、まだ第1級には手がでません。いずれセカンドではなく、第1級ワインも購入して飲んでみたいと思います。

« テーブルワインとは何か? | BDR-209BK2にはDVD再生ソフトが入ってない »