ウイスキーブームで「響」の価格が高騰か?

年末のお歳暮で響のウイスキーを購入しようと思ったのですが、数年前と比較すると価格がかなり高騰しているようです。

以前に当ブログ上でもウイスキー関連のレビューを更新しておりましたが、楽天での購入履歴を確認してみますと、響については2012年~2014年あたりにかけて合計8本ほど購入していました。

当時の価格については、概ね17年もので8,000円程度、21年もので16,000円前後だったようです。

けれども、2017年の現在、価格が倍以上にまで値上がりしており、17年ものは22,000円前後、21年ものについては40,000円前後を出さなければ購入することができません。

ここ3年程度の間で3倍まではいかないものの、2倍強にまで値上がりしてしまっており困惑しております。これなら手を出せないなと思い、今回は響12年で妥協しようと思ったのですが、こちらの12年ものも既に販売終了となっていたようです。

ここでビンテージものは手詰まりとなってしまったのですが、なぜこんなにも値上がりしているのでしょうか?

これはおそらく、「マッサン」のドラマによるウイスキーブームの影響かと思いますが、円安による原材料の輸入価格の高騰なども関連しているようです。

加えて、上記のように2倍まで高騰したことを考えると、あのとき1,000本買っておいて、オークションで売りさばけば儲かったのにねっていう考えが出てきてしまいます。おそらく誰でも考えるものと思いますが、たいていは考えただけで実行に移す人はいません。

けれども、古い酒屋などをまわって在庫を買いあさり、これを実際に実行してしまう人がいるようで、ウイスキー価格が値上がりしている要因になっているものと思います。

個人的に響はおいしいお酒とは思いますが、21年ものに4万円を出すかといえば僕は出せません。どちらかというと17年ものの方がおいしいと感じましたので、響を買うなら17年ものを選択するかと思います。

もし4万円を出すなら、僕ならもう少し上乗せして、ラトゥールやラフィットなどのボルドーワインへ目が向いてしまいます。

ただ、友人への贈り物として約束していたこともあり、かなり高くはあるものの、やはり響17年は買ってしまうことにはなりそうですが、僕自身はしばらくの間は我慢することになりそうです。

« 圧力IHの炊飯器でご飯はおいしくなるのか? | テーブルワインとは何か? »