「すべロウ」を購入してみました。

今回はタンスの木製の引き出しを滑りやすくする「すべロウ」を購入してみました。

昔の人は普通のロウを塗っていたようですが、一般的なロウは塗りにくいため、専用のロウを購入した方がよいと思います。

左の「すべロウ」は固定タイプですが、ドライヤーなどで温めてから使うと塗りやすくなるかもしれません。薄くぬるのがポイントのようです。アマゾンなどで1000円程度で購入できるかと思います。

ただ、固定タイプは塗るのに時間がかかり、引き出し3つ目ぐらいで疲れてしまいました。

そのため、同時に購入していたスプレータイプの潤滑剤を使用してみたのですが、こちらは塗るのが楽です。1個600円ぐらいだったかと思います。

こちらのスプレータイプについては、室内で使用すると絨毯なども滑りやすくなるため、外で使用することをおすすめします。

また、大きめの引き出し2~3個でスプレー1個を使い切ってしまったため、タンスの場合は2個ぐらい購入しておいた方がよいかもしれません。

スプレータイプをメインに使用して、使い切ってしまったら固形タイプで処理するのがよいと思います。

実際、滑りやすくなり、重たい引き出しの出し入れが楽にはなったように感じました。

カテゴリ:

« 三国志(全60巻)を読破しました | 洋服タンスの解体をレビュー »