PUDOステーションを利用できないケース

先日、家族に見られるのには差しさわりのあるDVDをネットで購入したため、メール便をやめてPUDOでの受け取りにしようと思い、ヤマト運輸での宅急便での受け取りに変更することにしました。

けれども、わざわざ宅急便に変更したものの、結局は自宅での受け取りとなってしまいました。いつもならLINEに通知がくるのですが、今回はその通知が来ないため、受取場所の変更ができなかったようです。

これの原因についてですが、発送先の送り状が手書きの場合、メールでのお知らせ設定をしていてもメールが届かなくなってしまうようです。

これなら普通にメール便のままにしてポストに投函してもらえばよかったのですが、余計なことをしてしまったなと後悔しています。策士策に溺れるといったところかもしれません。

おそらく、大手ショップの場合はそのようなことはないのでしょうけれども、小さなお店から購入する場合には注意が必要かもしれません。

ただ、「お問合せ伝票番号」はもらえたため、これで自宅での受け取り日時の変更はできますが、受け取り場所を変更するなどの場合には利用できないようです。

« 日本郵便の宅配ロッカーには「はこぽす」があるようだ | マークジェイコブスのバックを購入してみました »